最近の記事

2013年08月29日

下弦の月

処暑になってから、段々と涼しくなってきました。夜はちょっと寒いくらいの時もあります。日中は蝉の鳴き声もまだ聞こえますが、夜に虫が鳴くようになりました。段々と哀愁が感じられる季節になります。
長いようで短かった夏休みも終わります。

今日は新暦の8月28日、下弦の月という事なので、月でもみてみようと思いましたが、月の出の時刻がかなり遅いのです。

aw12356a1aaa.jpg

形を見ていると少しカケが多いようなので、昨夜の方がより半月に近かったのかもしれません。

半月には2つの種類があります。

一つは上弦の月、そしてもう一つが下弦の月です。

写真は下弦の月ですが、弓に見立てた月のかたちは、弦の部分が上を向いてます。

「上弦の月なんじゃないの?」と言われそうです。

さて、どうなんでしょう。

今日は簡単に、上弦の月と、下弦の月の見分け方を学びます。

普段、良く見ているのは上弦の月かもしれません。

夕方ごろから見えるのが上弦の月で、朝方見えるのが下弦の月。

なので、下弦の月を見ようと思うと、徹夜を覚悟しないといけないかもしれません。

月は太陽と同じように、東から登って西へ沈みます。

aw12356a1aaaas.jpg

弦を上にして東から登ってきて、弦を下にして沈んでいくのが下弦の月、弦を下にして、東から登ってきて、弦を上にして沈んでいくのが上弦の月です。


PS:月の動き方も良く観察していると色々な発見があるものですね。上弦の月は弦を上にして沈んでいく月、下弦の月は弦を下にして沈んでいく月という事になります。


ラベル:下弦の月
posted by おむすびライオン at 02:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク