最近の記事

2014年07月18日

ツバメの観察(孵化して)

「孵化して」

新暦7月6日(日)

ツバメの観察に行きました。

生まれたてのヒナは毛が無いようです。

時々、巣から顔をのぞかせています。

親鳥は一生懸命にえさを探してきて

与えているようです。

注意する事:

育児放棄に繋がるらしいので

親鳥を刺激しないように観察する事。

(ちょっと遠くから意識されないように)

10423283_588351024615743_2215725505779016575_n.jpg

「ツバメの雛」

新暦7月18日(金)

久しぶりにツバメの

観察をしました。

だいぶ大きくなってきました。

卵が五個あったのですが、

二羽しか見えません。

どうしたことでしょう。

外敵としてネコやヘビ、

カラスやイヌなどがいるようです。

落っこちる事もあるのでしょう。

生存競争はなかなか厳しいです。

巣の下には糞が沢山です。

親鳥は一生懸命に「えさをくれ」

と訴えるヒナに先に餌を与えるという

ことですので、

負けないようにせいいっぱい

主張しないといけません。

1927919_594730060644506_7831016358741298154_n.jpg



「ツバメの観察」(娘の絵日記より)

★きょうのはっけん
きょうはヒナがおとなっぽくなっていた。
ヒナのてきはヘビやカラスやいぬやねこです。
ヒナがすからおちることもあります。

★ふしぎにおもったこと
ツバメはすだちするとどこにいくのか?

_________________________________
ツバメのヒナは大きくなると

自分で巣の外にフンをする

ことが出来るみたいです。

今度は巣立ったあとの

ツバメを追いかけてみたいと思います。

お父さんより


10426172_596165000501012_4098558863146708394_n.jpg




posted by おむすびライオン at 02:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク