最近の記事

2017年11月12日

仏説無量寿経1

釈尊はある日、王舎城の耆闍崛山で

一万二千人のお弟子様たちと一緒に

いらっしゃいました。

そのお弟子様たちは、すぐれた聖者であって

みな神通力と呼ばれる力を備えていたそうです。

そのお弟子様の主な人の名は

尊者了本際、尊者正願、尊者正語、尊者大号、

尊者仁賢、尊者離垢、尊者名聞、尊者善実、

尊者具足、尊者牛王、尊者優楼頻蠃迦葉、

尊者伽耶迦葉、尊者那提迦葉、尊者摩訶迦葉、

尊者舎利弗、尊者大目犍連、尊者劫賓那、尊者大住、

尊者大浄志、尊者摩訶周那、尊者満願子、尊者離障、

尊者流灌、尊者堅伏、尊者面王、尊者異乗、

尊者仁性、尊者嘉楽、尊者善来、尊者羅云、

尊者阿難といった人たちです。

この人たちは、教団でも中心的な

人たちの集まりでした。

そして、大乗の菩薩もまた一緒におられたそうです。

普賢菩薩、妙徳菩薩、慈氏菩薩(弥勒)等の、

この現在の一切の菩薩、

また賢護等の十六人の菩薩、そして、

善思議菩薩、信慧菩薩、空無菩薩、神通華菩薩、

光英菩薩、慧上菩薩、智幢菩薩、寂根菩薩、願慧菩薩、

香象菩薩、宝英菩薩、中住菩薩、制行菩薩、解脱菩薩

などの菩薩方です。
ラベル:仏説無量寿経
posted by おむすびライオン at 21:29| 仏説観無量寿経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブータン展

ブータンの仏画や、仏像、衣装や装飾品など。

広島県立美術館に展示開催されているブータン展。

ブータンは中国とインドの間にある人口はおよそ

75万人ほどの小さな国。

チベットから伝わった仏教を国教として

王様のいる国。

国民は仏教を慕い、王を慕う。幸せの国だと言われている。

日本とブータンの外交は30周年となるという事。

このタイミングで、「ブータン、しあわせに生きる

ためのヒント」と題して、展示物が公開される。

日頃、良く知らない、ブータンという国について、

伝統や歴史を知る機会を得ることになる。

日本も仏教の伝わった国であるし、人種的に

ちかいものがあると言われている。その文化は

興味深い。

ブータンでは、日々、生活に追われている在家の人々

はお経の本を読んで理解するとか、修行を行う事は

難しいので。チャムという仮面舞踏を行い、

そのチャムから仏法を感じ取っているようだ。

チャムは聖なる踊り。

高僧はチャムを創作する事で、人びとが

仏様の教えを理解できるようにしている。

チベット仏教が伝わって影響を与えているようだ。

このチベット仏教の事を良くしらなかったのだが、

日本では最澄や空海が留学して学んだ密教のような感じである。

曼荼羅と呼ばれる仏画、鈷杵などの法具などは、日本の真言宗に

見られるような気がする。

空海が学んだ仏教徒はこのような感じのものではなかったのだろうか・・・

と感じた。

空海が最澄にお経本、理趣釈経を貸さなかったのは何故かな・・・

と思っていたのだが、仏像をみているとなんとなく

感じるものがあった。

輪廻転生の思想、49日の生まれ変わりの期間、閻魔大王など、

DSC08906.jpg
バルドチャムの面

ブータンでは位牌や墓は持たないという。

仏教の伝播したルートを思えば、

多様な仏教が存在するものだなと感じながら、

共有しているものも感じる。
posted by おむすびライオン at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク