最近の記事

2017年08月19日

平和の鐘 蓮の花 広島平和公園

蓮の花を探していたのです。

ある女性にお聞きしたところによると、

平和公園の平和の鐘のある池に蓮の花があると言われまし。

その蓮の花は、以前は古代蓮だというような話をされたので

気になって行ってみることにしました。

蓮の花は泥の中で育ち、美しい花を咲かせます。

阿弥陀仏はその蓮の花の上におられると聞いたりもします。

そのような事で平和公園まで行ってみました。

確かに平和の鐘のところに、

小さな池があって、蓮の花が咲いています。

ちょっと小さな蓮の花。

そして平和の鐘が観光客によってつかれると、

ゴーンという音が余韻を残して響き渡ります。

世界中の方が訪問して鐘を突かれていることを思えば、

極楽浄土に花が咲くイメージが出来てきました。

この平和の鐘の池にある蓮の花。

古代蓮なのかどうかは良くわかりませんでした。

いずれ調べてみたいと思っています。

なにより鐘をつくという文化を海外の方が理解されて、

味わって、「二度と核兵器を使ってはいけないね」

とコメント頂いた事に、意義深さを感じました。

思いが一つになれば、平和な世界の実現は

出来るのではないだろうかと。

とてもシリアスなテーマ。

平和公園は美しい公園だと訪れる方は言います。

しかし被爆当時の地表から、

盛り土があって現在の歩行路があり、

その下には今も被爆して亡くなられた方の

骨が埋まっているのだと話を聞くと、

何か歩くのが申し訳ない気持ちになってくるわけです。

公園のある場所も、被爆前は町があり、

生活があったわけですから。

そういった事を思い浮かべながら、

歩き、鐘の余韻を味わうと、

考えさせられることが多くある。

実にシリアスな場所です。

またこの地から平和について考えてみたいと思います。

DSC07507.jpg
【関連する記事】
posted by おむすびライオン at 19:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク