最近の記事

2017年11月12日

仏説無量寿経1

釈尊はある日、王舎城の耆闍崛山で

一万二千人のお弟子様たちと一緒に

いらっしゃいました。

そのお弟子様たちは、すぐれた聖者であって

みな神通力と呼ばれる力を備えていたそうです。

そのお弟子様の主な人の名は

尊者了本際、尊者正願、尊者正語、尊者大号、

尊者仁賢、尊者離垢、尊者名聞、尊者善実、

尊者具足、尊者牛王、尊者優楼頻蠃迦葉、

尊者伽耶迦葉、尊者那提迦葉、尊者摩訶迦葉、

尊者舎利弗、尊者大目犍連、尊者劫賓那、尊者大住、

尊者大浄志、尊者摩訶周那、尊者満願子、尊者離障、

尊者流灌、尊者堅伏、尊者面王、尊者異乗、

尊者仁性、尊者嘉楽、尊者善来、尊者羅云、

尊者阿難といった人たちです。

この人たちは、教団でも中心的な

人たちの集まりでした。

そして、大乗の菩薩もまた一緒におられたそうです。

普賢菩薩、妙徳菩薩、慈氏菩薩(弥勒)等の、

この現在の一切の菩薩、

また賢護等の十六人の菩薩、そして、

善思議菩薩、信慧菩薩、空無菩薩、神通華菩薩、

光英菩薩、慧上菩薩、智幢菩薩、寂根菩薩、願慧菩薩、

香象菩薩、宝英菩薩、中住菩薩、制行菩薩、解脱菩薩

などの菩薩方です。
ラベル:仏説無量寿経
posted by おむすびライオン at 21:29| 仏説観無量寿経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク